2022年 ‧ ドラマ ‧ 2時間 9分


監督  イ・サンムン
脚本  イ・サンムン
美術  ソン・ソイル
音楽  イ・ミンフィ

キャスト
    チョン・イル
    ラ・ミラン
    キム・スルギ
    ペク・ヒョンジン


☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.

unnamed
(嫁が長女に見える、お父さんが子供三人連れて
大変お困りのご様子に見える!
良い人センサー発動中!!)



高速道路のパーキングエリアで
寸借詐欺を繰り返して生活している一家。

で、この父親、気持ちは優しいけど
優しすぎて自分で自分を
崩壊させちゃうタイプの人間、

その妻は初見、
娘か?長女?かと見紛う幼さい容姿で
この容姿から溢れ出る弱さとか幼稚さが
なんともリアルなキャスティングとして
映えるのである。

その子供達は
小学前の姉弟である設定で
韓国エンタメの子役枠のレベルの高さに
いつもながらに感心する、、、
そんなキャスティングで
良作の香り高き滑り出しである。

韓国の田舎の高速道路
パーキングエリア
リサイクルショップと
おおよそ華やかではないに等しい
(いや、むしろジメッとしとる)
舞台がとてもリアルで
コレをコメディにしてしまわない
重さがとても切なく映るのであり
気の毒さは倍増するのであるが
しかし物語が進むにつれ
一家の父親に徐々にそしてモーれつに
腹が立ってきていた私は
寸借詐欺相手の
オバさんの通報で父親が
逮捕された日にゃ
真底ホッとしたもんである

父親逮捕に一見
路頭に迷ってしまったかのような
錯覚に陥りガックリ
肩を落とす母と子供達であるが
これは神が与えし
人生の軌道修正であったのだ。

母子を悲惨な生活から
救い出したのは父親の犯罪を通報した
オバさんであるが、、、
こう書くとある日
突然、目の前にお金持ちが現れ
『ちみらを今から私の後継者として認め
全財産を贈与しよう』などと
荒唐無稽系三流コメディに
成り下がってしまうかのような件ではある

だが
オバさんの経営するリサイクルショップも
ただ同然に仕入れた家具をそこそこの
値段つけて売っちゃったりなんかしてる
それほど羽振りがよい訳でもない、
アコギっちゃアコギなアコギリアル商売であり
頑張って普通の生活を維持してますよ的な環境が
『リアル切ない』を呼ぶ設定なんである、

それでもおばさんは
おばさんの旦那さんの反対を
聞き入れる事なく
親子を守ろうとするのであった、
過去に子を亡くし
心に深い傷を負ったおばさんには
この出来事が運命、
あるいは神のお告げの様に
思えたのかも知れなかったのだ。

警察署から脱走した父親は
妻と子供達の居場所を突き止め
また一緒にどこぞのパーキングエリアで
キャンプみてーに楽しく生活しよー
ー!!(゚∀゚)アヒャヒャ
するよねーーー
えっ??Σ(´д`;)しないの??!!(((( ;゚д゚)))
じゃ、この俺っていったい
明日からどう生きてくわけ~~~~オオーw(*゚o゚*)w
って、知るかーーいっ!!
ゴ━━━(#゚Д゚)=○)`Д)、;'.・━━━ルァ!!

、という展開になる中盤、、

おばさん、おばさんの旦那、
外国人の従業員一人の
ほそぼそ経営で生計を立ててはいても
高速道路親子の特殊な生活からすれば
安定しまくっている訳であり
ここに安らぎを感じてしまった母としては
今までのまやかしの幸せが霧が晴れるが如く
視界良好となり
悲惨だったこれまでの生活を思えば
もう二度と帰りたくない、、
ただただ不安しかなかった生活を
提供してきた
その首謀者である一家の父(旦那)を
不憫にこそ思いはしろ
軽い恨み節も浮かんでくるというもんであり
もう到底一緒には生活出来ない、
彼が一念発起でもしない限り無理であるのだ!

この旦那の弱さは病からなのか?
病だから弱いのか?
(卵が先かニワトリが先か??)
大分こじらせてしまったこの人格を
優しく純朴なこの妻には
もうすでにどうすることも出来ない、、

つーーかっ!
この純朴妻と一緒にいたおかげで
病が進行したんじゃ?とも思われるが
一見相性が良いようでお互いの弱さを隠したまま
心に嘘をついて幻の幸せに依存したこの夫婦は
一緒にいてはお互い不幸になってしまう
最悪の相性の典型といっても良いだろう
その被害者は子供達であるし
こんな不幸で惨めなことってあるだろうか?

もし知り合いに
このような一家がいたらならば
どうするだろうか?私には
リサイクルショップのおばさんのような
人助けは100%出来ないだろうな、、
どちらかと言えばずっとおばさんに反対してた
おばさんの旦那さんに近い行動しかとれない
だろうなぁ~~しかし、
貸した2万ウォンは
地獄の果てまでも追いかけて
返してもらうだろう、、(言い切れる!)
かつて私はあるひとりの男に
「おまえはミナミの帝王の萬田銀次郎か?!
いや、萬田銀子か」と
言わしめた女なのだからして。
このわたくしに
寸借詐欺を働こうとは100万年早いのだ!!
( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \


、、なんだか
どんどん違う方向に向いてきたので
時間を戻そう、。

しかし、この旦那
妻や子供達に威圧的な
態度を取っている訳でもないのに
情の部分に訴えかけて依存させていることが
始末が悪いと思うのだ
まだ暴力によって支配されている方が
残酷に切り離せるというもんであるし
パーキングエリアでは
ヨレヨレのジャケットを羽織って
またも情に訴えかけ
(子供を巧みに使ったりなど)
大の大人相手にひと芝居うって騙すし
警察署から逃げおうせたり
(普通は逃げられません(((( ;゚д゚)))
よくよく考えれば
普通じゃ出来ないことばかりを
結構そつなくこなしていることに
驚かされるというか
度胸はあるし器用だし体力はあるし、、
これって
妻がちゃんとケツ叩いてやれば
普通以上にヤレる男なのではなないか?
そう思うのである。

しかし男は逃げた、、自分から逃げ
自分に嘘をつき「あきらめ」というナイフで
自分を殺した、そして
愛する家族を自らの墓場に引きずり込んだ
否!愛などではないだろう、

この最悪な成行きは
地縛霊が寂しさ故のエゴで
生きた人間を恨み
地獄に引き入れようとする
愚かな行為に類似している。

スーパーの食べ物にあたり散らす
あの場面で私の怒りは
頂点に達したのだが
今思えばあれって
凄くいいシーンだったなと思うのだ

物理的に食べ物を口にしても
満たされない
狂気に満ちた男のメンタルが
剝き出しに表現されていて圧巻だった!


総合的に好きな作品であったが
しかしこの手の作品には
圧倒的なカタルシスを
欲してしまう私としては
『ラスト観る側に委ねる系』の
ありがち手法が
少しストレスであったなぁと
思うそんな作品であった。

最後まで読んで下さった
そこの貴方に
臨時収入ビ――ムを贈らせて頂きます

びーーーーーーーーっ

ありがとうございます

⭐️⭐️⭐️☆☆

ポチっ
  


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村